正しい言葉と正しい行い

神様の子供たちは、悪いこの世に倣わずに、
まず、すべての行いの根本である言葉から
善良で肯定的な言葉を用いるべきである。
イエス様が善い行いの模範を示されながら福音を伝えられたように、
正しい言葉と行い、善良な品性が兼ね備えられなければ
伝えた御言葉が肥えた土地に落ちた種になることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です